住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典設計関係角地
  か行角地 (建築基準法に関する本

角地

用  語角地
よびかなかどち
別  名
カテゴリー分類設計関係/法律関係/建築基準法
構造分類全般
工事分類
関連用語法律・法規
参照資料

角地とは、
敷地が二つの道路の角にある敷地。

角地の場合には、指定建ぺい率より10%プラスすることができ、一つの道路に接している敷地より広い建物を建てることができます。また、道路が敷地の前後(二つの道路に挟まれた敷地)にある場合で、その道路の間隔が25m以下で、下記の@又はAに該当する場合は、角地扱いとして建ぺい率を10%加算することができます。

@ それぞれの道路の幅が6m以上あり、その合計が15m以上のもの。
A それぞれの道路の幅が4m以上あり、敷地面積が200u以下のもの。
                            (大阪府の場合)

角地以外の、建築基準法関係の用語はカテゴリー「設計関係/法律関係/建築基準法」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜