住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典設計関係岐阜城
  き行岐阜城 (岐阜城に関係する本

岐阜城

用  語岐阜城
よびかなぎふじょう
別  名稲葉山城(いなばやまじょう)
カテゴリー分類設計関係/建築様式/建物/城郭建築
構造分類
工事分類城郭建築
関連用語建築様式・城
参照資料
岐阜城

岐阜城とは、
岐阜県岐阜市(旧・美濃国井之口)の金華山(稲葉山)にある山城。織田信長が、斎藤龍興から奪取した稲葉山城の縄張りを破却して、新たに造営したものが岐阜城である。

鎌倉時代初期二階堂行政が最初に築城し、戦国時代斎藤道三・織田信長が登場し、一躍有名になった。
慶長5年(1600年)天下分け目の関ヶ原合戦では城主織田秀信(信長の孫)が西軍に味方し、前哨戦で敗れたため、翌慶長6年徳川家康により天守閣・石垣等総て取り壊し、加納城へ移され廃城となった。

現在の天守閣は昭和31年(1956年)7月に市民の寄付により再建されたものであり、平成9年10月に大改修された。
岐阜市中心部の原生林におおわれた金華山頂(標高329m)にあり、天守閣展望台からの眺望は天下一品で、東に恵那山、北に日本アルプス、眼下には鵜飼で有名な清流長良川、西に伊吹山、南に伊勢湾が一望できる。


● 所在地岐阜県岐阜市金華山天守閣18
● 城の種別山城
● 築城者二階堂行政
● 築城年建仁年間(1201年〜1204年)
● 遺構なし(関ヶ原合戦後、全ての建物石垣等は加納城へ移されたため)
● 天守閣の構造鉄筋コンクリート造 本瓦葺3層4階(昭和31年7月再建)

岐阜城以外の建築様式(城郭建築)の建物は、カテゴリー「設計関係/建築様式/建物/城郭建築」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜