住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典設計関係小倉城
  こ行小倉城 (小倉城に関係する本

小倉城

用  語小倉城
よびかなこくらじょう
別  名勝山城(かつやまじょう)・湧金城(ゆうきんじょう)
カテゴリー分類設計関係/建築様式/建物/城郭建築
構造分類
工事分類城郭建築
関連用語建築様式・城
参照資料
小倉城

小倉城とは、
現在の福岡県北九州市小倉北区にあった城で、別名、勝山城(かつやまじょう)、湧金城(ゆうきんじょう)。

小倉城は慶長5年(1600年)細川忠興が豊前・豊後40万石を与えられて入国し、慶長7年(1602年)大規模な小倉城築城を行った。
寛永9年(1632年)細川氏は肥後熊本に移封となり、その後に小笠原忠真が播州明石から入国した。以来明治までの10代約230年の永きにわたり小笠原氏15万石の居城となったが、慶応丙寅の変(1866年)で城を焼失し、現在の小倉城は昭和34年(1959年)再建されたものである。

天守閣の外観は、唐造りと呼ぶもので、4階5階の間には屋根庇がなく、5階が4階より大きくなっている。また、石垣は野面積みで素朴ながらも豪快である。


● 所在地福岡県北九州市小倉北区城内2番1号
● 城の種別平城
● 築城者細川忠興
● 築城年慶長7年(1602年)
● 遺構石垣・堀割
● 天守閣の構造鉄筋コンクリート造 4層5階(昭和34年再建)

小倉城以外の建築様式(城郭建築)の建物は、カテゴリー「設計関係/建築様式/建物/城郭建築」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜