住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典工事関係ササラ桁(簓桁)
  さ行ササラ桁(簓桁) (木造の階段に関する本

ササラ桁(簓桁)

用  語ササラ桁(簓桁)
よびかなササラげた
別  名
カテゴリー分類工事・施工関係/名称・呼称/部位/階段
構造分類全般
工事分類木工事
関連用語階段・桁・側桁
参照資料

ササラ桁(簓桁)とは、
階段の段板(踏板)を下方から支える登り桁のこと。

段形に切り込んだ刻み目の上に段板をのせるもので、蹴込み板は付かないのが一般的です。(ひな段形式の階段)

尚、ササラ桁(簓桁)に対して、段板の両側を桁が挟み込むような形になっているものを、「側桁(がわげた)」と呼ばれています。


ササラ桁(簓桁)以外の部位名称・呼称(階段)に関係する用語は、カテゴリー「工事・施工関係/名称・呼称/部位/階段」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜