住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典材料関係軒瓦
  そ行軒瓦 (瓦に関する本

袖瓦

用  語袖瓦
よびかなそでがわら
別  名けらば瓦(けらばがわら)・妻瓦(つまがわら)
カテゴリー分類材料関係/仕上材/屋根材/瓦・部位
構造分類全般
工事分類屋根工事
関連用語屋根材・和瓦・役物瓦・けらば
参照資料
袖瓦

袖瓦とは、
切妻屋根破風部分(けらば)に用いられるで、軒瓦と同様に垂れが付いています。

袖の垂れた部分を袖垂れ(そでたれ)と呼び、この寸法が大きいものを大袖(だいそで)、小さいものを小袖(しょうそで)と呼び、また屋根平側から見て左側に袖が付いているものを左袖、右のものを右袖と呼ぶ。
さらにやや形が異なったものとして中付袖瓦丸覆袖瓦車袖瓦などがあります。

尚、妻瓦けらば瓦とも呼ばれています。


袖瓦以外の部位毎の瓦の名称は、カテゴリー「材料関係/仕上材/屋根材/瓦・部位」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜