住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典設計関係耐力壁線
  た行耐力壁線 (品確法に関する本

耐力壁線

用  語耐力壁線
よびかなたいりょくへきせん
別  名
カテゴリー分類設計関係/構造設計関係
構造分類全般
工事分類
関連用語構造設計・耐力壁・構造区画線
参照資料

耐力壁線とは、
平面を耐力壁等にて、構造的に区画する線で、品確法では下記の条件を満たした構造区画線を言う。


@各階の各方向(張間・桁行)の外壁線の最外周を通る平面上の線。
A各階の各方向(張間・桁行)の床の長さの6/10以上で、かつ、4m以上の有効壁長さを有する平面上の線。
また、上記@・Aに該当し、各階の各方向(張間・桁行)の耐力壁線の間隔は、8m以下(各方向で筋かいを含まない靭性が有る耐力壁の場合には12m以下)であり、耐力壁線に平行に離れている距離が1m以内の耐力壁は、その耐力壁線と同一線上にあるものとみなされる。

耐力壁線以外の構造設計に関係する用語は、カテゴリー「設計関係/構造設計関係」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜