住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典工事関係ドライウォール工法
  と行ドライウォール工法 (建築用語辞典に関する本

ドライウォール工法

用  語ドライウォール工法
よびかなドライウォールこうほう
別  名
カテゴリー分類工事・施工関係/構造・工法名称/工法
構造分類全般
工事分類大工工事・内装工事
関連用語テーパーエッジ・テーパーボード
参照資料
ドライウォール工法

ドライウォール工法とは、
内装壁や天井石膏ボード(テーパーボード)を貼り、ボードの継目にジョイントテーピング及びパテ処理を施し、強くて気密性の高い大壁を作る工法。

ドライウォール工法で使用する石膏ボードは、側面形状が通常のベベルエッジ(Vカット)ではなく、テーパーエッジ(4〜8p巾でテーパーにカット)のボードを使い、サイズは輸入住宅2×4工法に多いインチモジュールスタッドの間隔が407mm)では、通常4フィート×8フィートのテーパーボードを使用します。

また、在来工法の尺モジュール尺貫法)では、3尺×8尺、3尺×9尺、3尺×10尺などのボードを使い、ボードの張り方は千鳥張りが基本です。


ドライウォール工法以外の工法に関係する用語は、カテゴリー「工事・施工関係/構造・工法名称/工法」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜