住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典設計関係床挿し
  と行床挿し (和室に関する本

床挿し

用  語床挿し
よびかなとこざし
別  名挿し床(さしどこ)・指し床(さしどこ)
カテゴリー分類設計関係/建築様式/その他
構造分類木造
工事分類木工事・大工工事
関連用語建築様式・和室・天井・竿縁・床の間
参照資料

床挿しとは、
床の間がある和室の天井部分で、天井竿縁、あるいは、天井材の溝が床の間に向って直角になっているものを、「床挿し」と言い、「床指し」・「床刺し」とも書かれ、また、「指し床」とも呼ばれています。

また、床のについても3尺間の床の間を除いて、畳の短辺方向が床の間の正面に接する場合も同様に、「床挿し」となります。

床挿しになることは、古来から不吉とされ、好ましくない施工として嫌われていますが、近年の建売住宅などでは床挿しの部屋が時々見られます。


床挿し以外のその他様式に関係する用語は、カテゴリー「設計関係/建築様式/その他」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜