住宅建築専門用語辞典

建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典材料関係ポリサルファイド系シーリング材
  ぽ行ポリサルファイド系シーリング材 (シーリングに関する本

ポリサルファイド系シーリング材

用  語ポリサルファイド系シーリング材
よびかなポリサルファイドけいシーリングざい
別  名
カテゴリー分類材料関係/施工材料/シール材
構造分類全般
工事分類雑工事
関連用語シーリング・雨仕舞い・防水・接着
参照資料

ポリサルファイド系シーリング材とは、
ポリサルファイドを主成分とするもので、1成分形と2成分形があり、基剤と硬化剤からなる2成分形は、歴史も古く、種々の被着体と強固な接着力を発現し、優れたシーリング材として認識を得ています。

また、湿気硬化形の1成分形は比較的近年になって市販されるようになったものです。主に石目地などに用いられています。
ただ、ブリードが強く、塗装はやめておいたほうがよい様です。

また、ポリサルファイド系シーリング材は、目地の動きに追従する弾性系シーリング材として、1958年(昭和33年)に米国から輸入され、1963年(昭和38年)に国産化された最も歴史のある材料です。
PCB(ポリ塩化ビフェニル)は、そのポリサルファイド系シーリング材可塑剤として輸入品時代から、1972年(昭和47年)春に有害化学物質として製造中止となるまで用いられていました。 ただし、このシーリング材で施工されたのは同年の夏頃までと考えられています。


ポリサルファイド系シーリング材以外のシーリング材は、カテゴリー「材料関係/施工材料/シール材」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜