住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典設計関係岡山城
  お行岡山城 (岡山城に関係する本

岡山城

用  語岡山城
よびかなおかやまじょう
別  名烏城(うじょう)・金烏城(きんうじょう)
カテゴリー分類設計関係/建築様式/建物/城郭建築
構造分類
工事分類城郭建築
関連用語建築様式・城
参照資料
岡山城

岡山城とは、
岡山県岡山市の標高が十数メートルの丘が連なる小高い土地に建設された城で、別名、烏城(うじょう)、金烏城(きんうじょう)と言う。

天正元年(1573年)に宇喜多直家により築城がはじまり、その子秀家により慶長2年(1597年)に完成した。
安土城を模したと言われ天守閣は、野面積みの石垣を持つ平面不等辺五角形の天守台に、3層6階で内部に「城主の間」と呼ばれる書院造りの間を持ち、関ヶ原合戦以前の望楼様式をよく伝えたいたが、昭和20年(1945年)の空襲により焼失した。

現在の天守閣は、昭和41年(1966年)に再建されたもので、内部は展示品を展示し、5・6階の展望室からは、日本三名園の後楽園を眼下に望むことができる。


● 所在地岡山県岡山市北区丸の内2−3−1
● 城の種別平城
● 築城者宇喜多秀家
● 築城年慶長2年(1597年)
● 遺構月見櫓・西丸西手櫓(重要文化財)、本丸・櫓・門・旧本丸などの石垣、内濠及び後楽園(特別名勝)
● 天守閣の構造鉄筋コンクリート造 3層6階地下1階(昭和41年再建)

岡山城以外の建築様式(城郭建築)の建物は、カテゴリー「設計関係/建築様式/建物/城郭建築」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜