住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典材料関係構造用集成材
  こ行構造用集成材 (集成材に関する本

構造用集成材

用  語構造用集成材
よびかなこうぞうようしゅうせいざい
別  名エンジニアウッド
カテゴリー分類材料関係/構造材/仕様
構造分類全般
工事分類木工事
関連用語骨組み・木材
参照資料住まいづくりの知識上手/木材の基礎知識
構造用集成材

構造用集成材とは、
構造耐カを目的とした集成材で、ひき板(幅方向に合わせ調整したもの、長さ方向にスカーフ ジョイント 又はフィンガージョイントで接合接着して調整したものを含む)をその繊維方向を互いにほぼ平行にして積層接着したもの。

所要の耐力に応じた断面の大きさと安定した性能が得やすく、かつ、わん曲材とすることもできる。

寸法、断面積によって、「大断面」、「中断面」、「小断面」に分類されています。

尚、構造用集成材は一般の無垢材に比べ約1.5倍の強度があります。


【相対語】・・・化粧貼り構造用集成材

構造用集成材以外の構造材木造)の仕様は、カテゴリー「材料関係/構造材/仕様」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜