住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典設計関係断熱構造
  断熱構造 (断熱に関する本

断熱構造

用  語断熱構造
よびかなだんねつ構造
別  名
カテゴリー分類設計関係/性能関係/省エネルギー
構造分類全般
工事分類断熱工事
関連用語省エネ・断熱性能・断熱材
参照資料建物性能の基礎知識/断熱性能(省エネ対策)

断熱構造とは、
住居を断熱材を用いて断熱措置を行うことや日射遮蔽の措置を用いて熱の伝わりを防ぐ仕組みを「断熱構造」と言う。
断熱措置には、大別して内断熱工法(内張り断熱工法)と外断熱工法(外張り断熱工法)があります。

断熱構造とする部分は、居住空間を断熱材でスッポリ包み込んでしまう部分で、外気に接している天井小屋裏が外気に接していない場合は屋根)、壁、床、及び開口部、並びに外周が外気等に接する土間床を言う。 (省エネ法設計・施工指針参照)


断熱構造

小屋裏は、一般的に小屋裏換気口が設けられ外気に接しているので、天井面に断熱材を設けることになる。しかし、小屋裏換気口を設けない場合は、屋根面に断熱材を設ける。

壁については、外周壁に断熱材を設ける事が基本ですが、図示のようなビルトインガレージの場合には、車庫と居住室との境界の壁に断熱材を設ければ、車庫の外壁部には断熱材を設ける必要がない。

1階の床については、床下換気口が設けられている場合は床面に断熱材を設け、図示のようにオーバーハングの場合は、2階のはね出した床は外気に接しているので忘れず断熱材を設ける必要があります。

床下換気口若しくは基礎パッキンが設けられている1階の床は、直接外気に接していませんが床下を介して外気に接しています。この場合の断熱材の厚みは、外気に直接に接している床に比べ薄くてよい事になっていて、「その他の床」として「外気に接する床」と区別されています。


断熱構造以外の省エネルギー性能に関係する用語は、カテゴリー「設計関係/性能関係/省エネルギー」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜