住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典建築費用関係定尺
  て行定尺 (建築用語辞典に関する本

定尺

用  語定尺
よびかなていしゃく
別  名
カテゴリー分類建築費用関係/見積・予算・価格/一般
構造分類全般
工事分類
関連用語部材・基準寸法・基準サイズ・定尺材・木材・合板・パネル・ボード
参照資料

定尺とは、
材料などの各部材の定められた基準寸法(サイズ)。

の場合、定尺は3m、6m、母屋土台の場合4m、では、4m、5m、6mの定尺材が一般的に使われています。

建物の階高木材継手の位置や種類を検討する際には、定尺材を有効に使うことでコストダウン経済設計につながります。

合板プラスターボードなどの定尺は、3尺×6尺 サブロク板(91p×182p)、4尺×8尺 シハチ板(122p×243p)などがあります。


定尺以外の建築費用関係(一般)の用語は、カテゴリー「建築費用関係/見積・予算・価格/一般」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜