住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典設計関係壁量計算
  へ行壁量計算 (壁量計算に関する本

壁量計算

用  語壁量計算
よびかなへきりょうけいさん
別  名
カテゴリー分類設計関係/構造設計関係
構造分類全般
工事分類
関連用語構造設計
参照資料建築基準法の壁量計算

壁量計算とは、
建築基準法に定められている、必要壁量を求めるための計算方式で、各階の床面積に 建物の階数 及び 屋根・外壁の仕様により定められた地震用の係数を乗じて求められた数値以上、かつ、その階の床面から1.35m上がった上部の外壁見付面積に、風圧用の係数を乗じて求められた数値以上に、建物の各階のX・Yそれぞれの方向の耐力壁が設けられているか計算により求めることを「壁量計算」と言います。

尚、耐力壁の仕様により、壁倍率が定められ、耐力壁の実長さに壁倍率を乗じて求められた数値が、その耐力壁の長さとなります。

【地震用】
1階 必要壁量(X・Y方向共)=1階床面積×1階地震用の係数
2階 必要壁良(X・Y方向共)=2階床面積×2階地震用の係数
【風圧用】
1階 必要壁量(X方向)   =1階見付面積(Y方向面)×風圧用の係数
    必要壁量(Y方向)   =1階見付面積(X方向面)×風圧用の係数
2階 必要壁量(X方向)   =2階見付面積(Y方向面)×風圧用の係数
    必要壁量(Y方向)   =2階見付面積(X方向面)×風圧用の係数

耐力壁の実長さ×壁倍率 ≧ 壁量計算にて算出した必要壁量

尚、壁量計算構造計算ではなく、仕様規定による簡易計算扱いとなります。

壁量計算以外の構造設計に関係する用語は、カテゴリー「設計関係/構造設計関係」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜