住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典工事関係櫓(やぐら)
  や行櫓(やぐら) (建築用語辞典に関する本)

用  語
よびかなやぐら
別  名
カテゴリー分類工事・施工関係/名称・呼称/部位/社寺建築等
構造分類
工事分類
関連用語城郭建築・城
参照資料

櫓(やぐら)とは、
古くは、「矢倉」・「矢蔵」・「矢庫」と書き、矢を納める倉の意から武器庫を指し、平安時代には屋敷の門の上に防備のため床を張り垣楯(かいだて)で囲み、弓箭(きゅうせん)の場と敵襲に対する望楼を兼ねたものをと呼んだ。また、一般に木材を高く組み上げた構築物を言う。

城郭建築では、防備のための建物をと総称し、隅(すみ)櫓、渡(わたり)櫓、多聞(たもん)櫓など目的により名前を変えている。これは平安時代以来、城壁などの上に防戦と望楼を兼ねてつくった構築物をとよんだのに由来する。のちに屋根の上に高く組み立てられた構築物をと呼ぶようになり、民家の土間上の煙出しのや、芝居や相撲(すもう)小屋正面の太鼓櫓、また火災の望楼としての火の見櫓などはこの例である。


櫓(やぐら)以外の部位名称・呼称(社寺建築等)に関係する用語は、カテゴリー「工事・施工関係/名称・呼称/部位/社寺建築等」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜