住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典材料関係アンカーボルト
  あ行アンカーボルト (アンカーボルトに関する本

アンカーボルト

用  語アンカーボルト
よびかなアンカーボルト
別  名
カテゴリー分類材料関係/構造金物
構造分類全般
工事分類基礎工事
関連用語土台・基礎・木造
参照資料住まいづくりの知識上手/施工品質(構造)
アンカーボルト

アンカーボルトとは、
木造土台基礎に連結するための、基礎コンクリートに埋め込むボルト。
鉄骨造の場合は柱脚のベースプレートを基礎に連結するために用いられます。)

木造住宅におけるアンカーボルトは、建物が風圧力地震力によって生じる引抜きに耐えるために設ける重要な働きをします。

設置箇所は、土台継手仕口、土台切れ端部、及び耐力壁の両端部に設け、更に、アンカーボルトの間隔が木造2階建ての場合は2.7m以内、3階建ての場合は2m以内になるように設置し、基礎への埋め込み長さは250mm以上とするように、フラット35(旧住宅金融公庫)の仕様で定められています。

アンカーボルトのサイズは、2階建てはM12、3階建て 及び ホールダウン金物専用アンカーボルトはM16が一般的に設けられます。

尚、アンカーボルトの種類は、一般のU字型以外に、L字型・笠形・クランク形・ユニアンカー・メモリーアンカーなど、色々な種類が金物メーカーから販売されています。

アンカーボルトは、正しい位置に的確に施工されないと、耐震性能耐久性能を低下させてしまう恐れがあり、特にホールダウン金物専用のアンカーボルトは注意が必要です。。


アンカーボルト以外の木造に使われている構造金物は、カテゴリー「材料関係/構造金物」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜