住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典設計関係相当隙間面積
  そ行相当隙間面積 (気密に関する本

相当隙間面積

用  語相当隙間面積
よびかなそうとうすきまめんせき
別  名C値(シィーチ)
カテゴリー分類設計関係/性能関係/省エネルギー
構造分類全般
工事分類
関連用語気密性・断熱性・結露・省エネルギー・24時間換気
参照資料建物性能の基礎知識/断熱性能(省エネ対策)

相当隙間面積とは、
住宅の気密性を表す数値で、隙間面積を延べ床面積で割って出した数値。
数値が小さいほど気密性が高く、「C値」とも呼ばれています。

相当隙間面積が、床面積1u当り5.0cu以下の住宅を「気密住宅」と呼び、次世代省エネルギー基準では、寒冷地である断熱地域区分のT、U地域では、相当隙間面積2.0cu以下、その他の地域では相当隙間面積5.0cu以下となるように規定されていましたが、平成21年の省エネ法の改訂でその規定が削除されました。


相当隙間面積以外の省エネルギー性能に関係する用語は、カテゴリー「設計関係/性能関係/省エネルギー」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜