住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典設計関係名古屋城
  な行名古屋城 (名古屋城に関係する本

名古屋城

用  語名古屋城
よびかななごやじょう
別  名金鯱城(きんしゃちじょう)・金城(きんじょう)・柳城(やなぎじょう)・亀屋城(かめおじょう)・蓬左城(ほうさじょう)
カテゴリー分類設計関係/建築様式/建物/城郭建築
構造分類
工事分類城郭建築
関連用語建築様式・城
参照資料
名古屋城

名古屋城とは、
尾張国愛知郡名古屋(現在の愛知県名古屋市中区・北区)にあった城郭で、通称、金鯱城(きんしゃちじょう)、金城(きんじょう)とも呼ばれ、国の特別史跡に指定されている。

名古屋城は、織田信長誕生の城とされる今川氏・織田氏の那古野城(なごやじょう)の跡周辺に、徳川家康が九男義直のために天下普請によって築城したとされる。以降は徳川御三家の一つでもある尾張徳川家17代の居城として明治まで利用された。

姫路城熊本城とともに日本三名城に数えられ、伊勢音頭にも「伊勢は津で持つ、津は伊勢で持つ、尾張名古屋は城で持つ」と歌われている。大天守に上げられた金の鯱は、城だけでなく名古屋の町の象徴にもなっている。

大小天守や、御殿の一部は昭和初期まで現存していたが名古屋大空襲(1945年)によって天守群と御殿を焼失し、戦後に天守などが復元され、現在城跡は名城公園として整備されている。


● 所在地名古屋市中区本丸1−1
● 城の種別平城
● 築城者徳川家康
● 築城年慶長15年(1610年)
● 遺構外堀以内(特別史跡)、二の丸庭園(名勝)、榧の木(天然記念物)、西北・西南・東南の各櫓・表二之門・旧二之丸東二之門・二之丸大手二之門及び本丸御殿障壁画(重要文化財)
● 天守閣の構造鉄骨鉄筋コンクリート造 5層7階地下1階(昭和34年再建)

名古屋城以外の建築様式(城郭建築)の建物は、カテゴリー「設計関係/建築様式/建物/城郭建築」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜