住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典設計関係劣化対策等級
  れ行劣化対策等級 (性能表示に関する本

劣化対策等級

用  語劣化対策等級
よびかなれっかたいさくとうきゅう
別  名
カテゴリー分類設計関係/法律関係/品確法
構造分類全般
工事分類
関連用語住宅性能表示・劣化・対策・等級・耐久性
参照資料住まいづくりの知識上手/性能表示 (品確法)

劣化対策等級とは、
住宅性能表示制度により、建物の構造部分に用いられる木材白蟻対策や腐朽、鉄筋の錆び対策など長持ちさせるための対策の程度を示す耐久性の等級。

劣化対策等級は、等級1〜3で表示される。

◆住宅性能表示制度の劣化対策等級

等級基準
建築基準法に定める対策がなされている。
約50〜60年間は大規模な改修工事が不要。
約75〜90年間は大規模な改修工事が不要。

劣化対策等級以外の品確法に関係する用語は、カテゴリー「設計関係/法律関係/品確法」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜