住宅建築専門用語辞典

住宅建築専門用語辞典


HOME住宅建築専門用語辞典設計関係簡易計算ルート
  か行簡易計算ルート (改正建築物省エネ法に関する本

簡易計算ルート

用 語簡易計算ルート
よびかなかんいけいさんルート
別 名
カテゴリー分類設計関係/法律関係/省エネ法
構造分類全般
工事分類
関連用語法律・法規・告示・省エネ・改正建築物省エネ法
参照資料

簡易計算ルートとは
住宅の省エネ性能を算出する方法で、外皮性能計算において外皮面積等を用いない簡易な計算方法を簡易計算ルートと言う。

省エネルギー基準(エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準)の外皮性能の判定については、あらかじめ設定された仕様を満たすことで基準をクリアする「仕様ルート(仕様規定)」と、設定された基準値をクリアするよう計算して仕様を決定する「詳細計算ルート(性能規定)」でしたが、2017年(平成29年)4月から導入された簡易計算ルートにより3つになりました。

簡易計算ルート

仕様ルート」では、より高性能な低炭素基準やZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)基準には対応していない点、「詳細計算ルート」は計算が煩雑で対応が難しいという点から、2017年(平成29年)4月から新たに「簡易計算ルート」が導入されました。

新たに設けられた「簡易計算ルート」は、「詳細計算ルート」で時間のかかっていた外皮(屋根、外壁、開口部等)面積の計算を行わず、その代わりに設定された「係数」を各部位の熱貫流率と日射熱取得率に乗じることで、平均熱貫流率(A)と平均日射熱取得率(ηAC)を算出する。


省エネ法の簡易計算ルート以外の用語は、カテゴリー「設計関係/法律関係/省エネ法」をご覧下さい。



HOME

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。


カテゴリー検索
設計関係
建具関係
材料関係
設備関係
建築費用関係
建築資金関係
契約関係
登記関係
税金関係
工事関係
インテリア関係
50音検索
  
 A〜Z 1〜